全国漢文教育学会第21回(通算51回)大会は下記の通り終了いたしました。

 

1.期 日   平成17年6月3日(金)、4日(土)

        第1日(6月3日)    第2日(6月4日)

         研究授業         研究発表

         研究協議         記念講演

         史跡研修会        総会

         懇親会       

        

 2.日 程

  【第1日】6月3日(金)

   ◇研究授業

     場  所:大谷中・高等学校 

     授 業 者:中川 眞二教諭(大谷中・高等学校)

     対象生徒:大谷高等学校3年生

     内  容:『孟子』「告子上」篇「性猶湍水也」 

     教 科 書:筑摩書房「古典」

     参加者:52名

   研究協議

指導助言:緑川 佑介(二松学舎大学)

     司  会:渡辺 雅之(筑波大学附属高等学校)

     参加者:45名

   史跡研修会

     場  所:京都国立博物館 

     内  容:漢籍(貴重図書)の特別閲覧

          京都国立博物館保存修理指導室長、赤尾栄慶氏による解説。

     参加者:35名

   懇親会

     場  所:「東華菜館」(四条大橋西詰)

     参加者:34名

 

  【第2日】6月4日(土) 

場所:大谷大学 (響流館3Fメディアホール)

   ◇開会式 於メディアホール

     司会進行:大地 武雄(二松学舎大学)

     開会の辞:謡口  明 (文教大学)

     挨拶:

        大 会 準 備 会 代 表 若槻 俊秀(大谷大学)

        大谷大学 木村 宣彰(大谷大学学長)

        全国漢文教育学会会長 石川 忠久(前二松学舎大学学長)

 

   ◇研究発表

    <小・中・高の部> 場所:文学部、1号館2F1002室

                 参加者:35名

      (1)「『総合』『選択』とつないだ漢字漢文指導の試み」

         冨山 敦史 (天理市立北中学校)

      (2)「表現活動に活かせる漢文教材」

         向高 亜由美(京都府立桃山高等学校)

      (3)「小学生による『音を楽しむ』漢詩の授業」

         谷口  匡  (京都教育大学)

       司 会:菊地 隆雄 (東京都立小石川高等学校)

 

    <大学の部>    場所:響流館3Fメディアホール

                 参加者:41名

       (1)「唐代詩人の評価について」

         福井  敏  (大谷大学)

       (2)「戦国楚簡研究と漢文教育」

         竹田 健二 (島根大学)

       (3)「韓国の漢字・漢文教育について」 

         青木 五郎 (二松学舎大学)

      司 会:田口 暢穂 (鶴見大学)

 

   ◇記念撮影 

   ◇昼食・全国理事評議員会 (博綜館5階、第二会議室)

 

   ◇記念講演   「西郷南洲肖像画の出現」

         場 所: 響流館3Fメディアホール

         講 演: 河内 昭圓(大谷大学名誉教授)

         司 会:  乾  源俊(大谷大学)

        参加者:73

 

  ◇総会・閉会式 場所:響流館3Fメディアホール

        閉会の辞: 渡部 英喜(盛岡大学)

 

なお、総会において次期大会開催校に秋田大学と決定いたしました。

 

プログラムはこちら